丸弥荘畑で採れる無農薬野菜 '05

ヤーコン 赤ワイン並みのポリフェノール、食物繊維、ミネラルも豊富。ヤーコン茶はインシュリン様物質を含み、 高血圧や糖尿病にも効果あり。(11月に収穫、3月まで使用) 玉葱 玉葱はビタミン・ミネラルを含み、さらに発汗や血行を促進させる作用があり、健康野菜として知られている。 (11月に苗を植え、6月に収穫して通年使用) さつまいも 紫芋…アントシアニンによる鮮やかな紫色。金時…いもの中で最もデリケート。 ベニアズマ…甘みが強くホクホクとした食味と紅色が特徴。市場に一番多く出回っている。 さつまいもは、ガン予防、かぜ、疲労、目の健康等によい。 (11月中旬収穫)
白菜 体内の余分な熱をとる作用と利尿作用が働き二日酔いに最適。 食物繊維が便秘解消に役立つ。血液中のコレステロール値も下げる働き。 抗がん作用があるジチオールチオニン成分が含有。 (11月に収穫して2月迄) 鳴沢菜 鳴沢菜は、江戸時代から栽培されてきたと言われています。「野沢菜」と同様のカブナで、 主に葉柄を利用するが肥大したカブも利用されています。コリコリとした食感が人気。 (霜が降りた後に収穫。漬け物にして利用。) 小松菜 8代将軍徳川吉宗が農家で昼食に出された菜っぱのおいしさに感激し、地名の小松川から小松菜と名付 けたといわれています。ビタミンB2の量は野菜の中でもトップクラス、カルシウムはほうれん草の5倍、カロチンの量も同じぐらいです。(冬季以外)
アサツキ アサツキの葉茎、鱗茎には、精油、ペントース、マンナン、カロチンなどの有効成分を含有していて、 食欲増進や抗菌作用があるといわれる。 葉や鱗茎をすりつぶして、止血に切り傷、擦り傷に塗布。(春まで) 大根(おふくろ)
ちょっと不恰好だけども肉質が緻密で味が好い。肌は純白で揃いが良く、葉は濃緑大型で寒さから首部を保護する役割がある。 やわらかいので煮物にすると最高にうまい。(11月収穫後、穴に埋めて保存可能。)
大根(青首) 市場に一番出回っている品種。葉の付け根部分が青い。首の部分は特に、ビタミンCが豊富。 消化がよく、胃腸の弱い人、便秘がちの人に効果あり。 葉の部分には、ビタミンAとC、カルシウム、鉄分、カリウムなどを含む。 (おふくろと同)

※他にも、ニンジン、ピーマン、ジャガイモ、とうもろこし、南瓜、きゅうり、トマト、ジュウロク、ナス、落花生、ズッキーニなど多数の野菜を作っています。